TOP サービス 宝石知識・業界情報

宝石知識・業界情報

123Next »

  • 2020/12/05(土) 業界情報【第32回 国際宝飾展 IJT】
    有力メーカー・卸業者510社が出展する最大規模宝飾展です!
    国際宝飾展 IJTは、高級ジュエリー、新作ジュエリー、トレンドを取り入れた
    リーズナブルなジュエリーなど数多くの商品が大集結!
    煌びやかな商品を多くの出展店舗の中から比較・検討でき、会期限定の特別価格でご購入できる大チャンスです!
    IJTでは、ダイヤモンド・エメラルド・サファイア・ルビーなどの宝飾品、リユースジュエリー、パール製品、ルース(裸石)、アクセサリー製品、ハンドメイド制作のビーズやパーツ、金具などカテゴリー別にブースがそれぞれわかれており、各商品を取り扱う多数の企業が一堂に出展する大規模な宝飾展示会です。
    主には小売店向けの展示会であり、日本、中国をはじめ様々な国や地域から宝石業界関係者、バイヤーの方々が集い仕入れを行う、言わば宝石のエキシビジョンイベントです!
    もちろん一般の方でもご入場でき、ご購入いただくことも可能でございます!
    残念ながら当社は出展しておりませんが、ご興味のある方は是非会場まで足を運んでみてはいかがでしょうか?
    見たこともないような豪華絢爛な宝石の数々を実際に手にとって見れるチャンスです!

    【開催日程】2021年1月13日(水)~1月16日(土)
          10:00~18:00 ※最終日は17時まで
    【会  場】東京ビッグサイト 青梅展示棟
          〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
          第32回 国際宝石展 IJT
  • 2020/11/23(月) ブランド情報Harry Winston
    宝石商の息子として生まれたハリーウィンストン氏。幼い頃から様々な宝石に触れてきた彼が12歳の時に偶然訪れた質屋で、無数の安価な宝石の中から見つけ出した、2カラットのエメラルド。たった25セントで購入したこの石が、2日後には800ドルで売れたという。幼い頃から卓越した審美眼を持った彼の有名なお話し

    引用元
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e63a403a8d3abd90d860e27149215503aeba6eb3
  • 2020/11/23(月) 時事情報100万円のマスク!?
    使いまわせないですね(^_^;)一度使ったらどうするんでしょうか?笑
    攻めてる感は素晴らしいですね〜♫

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6d87c9412a3d308892a3dc975e2b34f3f2fd4b61
  • 2020/11/23(月) 時事情報★STAY HOME★オウチからお買い物★
    感染第3波の襲来なのでしょうか?また新型コロナの感染が日に日に広がってきており、1日あたりの感染が過去最大となるなど、収束には未だ目途がたっておりません。
    新型コロナウィルスの影響で、今年の世界における高級品売上高は大きく減少し、過去最大の落ち込み幅となる見込みです。

    リアル店舗を持たない当社では「ECサイト」でのウェブ販売に特化しております!
    外出不要!お客様に安心してお買い物を楽しんでいただくために当店ではご購入後の返品が可能です!
    「行って見て試して買う」ものから「その場で選んで買って試す」ものへ
    ~ 高品質・低価格にこだわりと安心を ~
    コロナ禍にも負けずに当店頑張ってまいります!

    https://news.yahoo.co.jp/articles/da1a8aaae1e1cf87f52bdfb05e898cf0cdda7ea8
  • 2020/11/16(月) 宝石知識宝石のシェイプについて⑤
    今回も引き続きファンシーシェイプについてご説明します。

    7. ペアシェイプカット

    ペアシェイプカットは1458年にベルギーの宝石職人ルドウィックによって生み出されました。古くから生み出されたシェイプにも関わらず、時代を重ねた現在に至るまで最もポピュラーなシェイプの一つとして愛され続けています。
    このシェイプは洋梨(Pair)をモチーフとしており、とてもユニークな形でありながら美しい輝きを放ちます。
    涙のしずくのような形をしていることから、ティアドロップなどとも呼ばれています。

    一般的なペアシェイプカットのダイヤモンドはファセット(切断面)が58面あります。
    カットの質が良くバランスの取れたペアシェイプであれば、その形状の細い先端部分に美しいシンチレーション(煌めき)を生み、輝きにより深みを与えてくれます。

    ペアシェイプと言っても物によっては細いペアシェイプもあれば、ふくよかなペアシェイプなど形状は様々で、身に付けた際にそれぞれに与える印象は変わってきます。
    理想的な長さと幅の比率は縦横1.5 :1 と言われていますので、ペアシェイプのダイヤモンドをお選びになる際は是非参考にしてみてください!!
  • 2020/11/10(火) 業界情報Genève Sotheby's Auction ★超目玉商品★
    競売大手サザビーズ(Sotheby's)がスイス・ジュネーブで今月11日に開催するオークションに、非常に希少なピンクダイヤモンドが出品されるとのことです。
    同社による落札予想価格は2300万~3800万ドル(約24億~39億円)と超高額です。
    宝石1粒が人生10回分ぐらいの価格ですね!!(゚o゚;;
    ロシア産の大粒14.83カラットで、有名なバレエの演目にちなんで”バラの精【The Spirit of the Rose】”
    と名付けられたそうです。
    競売に掛けられる「ファンシービビッド・パープルピンク」のダイヤとしては過去最大とのことです。同色の特徴としては、とても鮮やかなピンク色にパープル色が掛かり、光の反射により美しいファンシーな輝きを生み出す所です。
    今回出品されるオーバルカットのダイヤはクラリティレベルが「不純物がほぼない、インターナリーフローレス(Internally Flawless)」だとの事です!
    奇跡の結晶、大粒ピンクダイヤ。果たして幾らで落札されるのでしょう!?結果が楽しみですね!!

    引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/7e000b944e02b27b8cead220146538b88b5e3130
  • 2020/11/02(月) 宝石知識宝石のシェイプについて④
    今回はファンシーシェイプの下記2種類についてご説明します。

    5. ハートシェイプ
    6. マーキスカット

    【5. ハートシェイプ】
    ハートシェイプは間違いなく、いつの時代でも愛されたロマンティックなシェイプと言えます。
    15世紀頃からその存在が確認されており、1562年にスコットランドのメアリー女王がエリザベス女王に
    善意と友情の象徴として、ハートシェイプのダイヤモンドリングを送ったという話もあります。
    ハートシェイプはカット面(ファセット)が59面体と多いので
    最も輝くと言われるラウンドブリリアントカットと同様の輝きを放ちます。
    ハートシェイプの場合、理想の長さと幅の比率は1 : 1と言われており
    ハートシェイプの宝石を選ぶ際は左右の対称性はかなり重要になってきます。
    古くから愛の象徴として存在するハートシェイプは、バレンタインデーや誕生日プレゼントには特に人気があります。
    クリスマスプレゼントとして大切な方へのプレゼントはピッタリです!

    【6. マーキスカット】
    マーキスカットは太陽王としても知られるルイ15世が、愛妾であるポンパドゥール夫人の笑顔に似合うダイヤモンドを作らせたのが始まりだと言われています。
    マーキスカットの両端の尖った形がポンパドゥール夫人の唇の形に似ていたという話もあります。
    このシェイプの特徴は両端1つの鋭い角と細長い形です。
    ファセットも標準のマーキスカットは58面となっており、上から見た際に上面が広いことから、
    見た目以上にカラット数が大きく見え、宝石の重量感が感じられるシェイプといえます。
    この上品でシャープな形は、クラシックなデザインだけではなく、モダンなジュエリーにも適しています。
    美しい輝きはもちろん、マーキスカットのリングを身につけると指も細く美しく感じられるでしょう。
  • 2020/10/31(土) 宝石知識宝石のシェイプについて③
    今回も引き続きファンシーシェイプについてご説明します。
    今回は下記2種類を紹介していきます。

    3. オーバルカット
    4. クッションカット

    【3. オーバルカット】
    オーバルカットは12世紀頃から存在が確認されている、歴史のあるカットです。
    Oval(オーバル)とは「たまご型、楕円」を意味しており、特徴的な丸みのある形は優美な印象を与えます。
    オーバルカットはラウンドブリリアントカットと違い、研磨によって失う部分が少なく済むカットのため宝石そのものの美しさ、重量感を保ったデザインに仕上がるシェイプなのです。
    楕円形のため角がなくファンシーシェイプの中でもカケに強いシェイプです。
    オーバルカットの形は細長いものからぷっくりとした物まで様々です。
    細長いものであれば、身につけた時に指が長く綺麗な印象を与え、ぷっくりとしたものであれば宝石の存在感を十分に感じられます。

    【4. クッションカット】
    クッションカットは1830年頃に考案されたカットです。
    その名の通り、クッションやピロー(枕)に似た柔らかなエッジと、角のない丸っこい形が特徴で、正方形かつ大きなキューレットが特徴的です。
    ※キューレットとは宝石の底部の先端のカット面、または尖った点のことです。
    通常ラウンドブリリアントカットなどはキューレットがごく小さなファセット面になるか、あるいは肉眼では確認できないほどの点になりますが、クッションカット場合は比較的大きめなキューレットとなります。
    クッションカットはクラシックなシェイプとして認識され、アンティーク好きの方が好む印象がありますが、現代の研磨技術によって生み出される輝きは非常に魅力的です。
    クッションカットは伝統的なデザインと現代の技術との融合ともいえるでしょう。
  • 2020/10/30(金) 偽物情報エルメス HERMES バーキン等 ★偽物注意★
    高級ブランド「エルメス」の偽物のバッグを質に入れて現金をだまし取ったとして45歳の女性が逮捕されました。
    詐欺の疑いで逮捕された容疑者は数店舗の質店で犯行を繰り返していて、合わせて約50点の偽物のバッグを持ち込み、5000万円あまりをだまし取ったとみられるということです。

    動画を見る限り、押収された偽物バッグの量を見るとかなりの量です。
    恐らく独自の仕入れルートを持っており転売していたと考えられますが、プロの目を欺くほどの精巧な作りであることに驚きです。
    転売された商品がすでに一般市場に流通していないか心配な記事でありました。

    https://video.yahoo.co.jp/c/16778/87879d5143204cbf88703397b6c8de36c92f3cc6
  • 2020/10/30(金) 宝石知識宝石のシェイプについて②
    今回は以前に紹介したファンシーシェイプの中から

    1.プリンセスカット
    2.エメラルドカット
    について紹介していきます。

    【1.プリンセスカット】
    プリンセスカットは、1960年代頃に考案された比較的に新しいカットであり、モダンなデザインは近年でも大変人気となっております。
    「プリンセス」という名前から婚約者へ贈る指輪として大変好まれ、婚約指輪としても選ばれております。
    カットの特徴としてはカット面(ファセット)が非常に細くて繊細、多面であり、テーブル(上面)のカット面が最も大きいです。
    このカットによって以前の記事で紹介したシンチレーション(ダイヤモンドを動かした際の光のコントラスト)が高くなり、ブリリアンシーと呼ばれる目線を移動した時にキラキラと輝く光のバランスが良くなるのです。
    しかし、四隅が尖っているのでダイヤのセッティング方法しだいでは欠けてしまう可能性があるため取り扱いには十分に注意が必要です。

    【2.エメラルドカット】
    その名の通りエメラルドカットは、5月の誕生石、美しい緑のエメラルドのために考案されました。
    特徴としては広めのテーブル上面から鏡のような光が反射し、外周は階段上に見えるステップカットが施されており、放射状ではなく平行にファセットが配列されています。そのため透明感のある透き通った輝きが生まれます。

    中世ヨーロッパでは貴族の間で婚約時に贈られるダイヤモンドのカットとしてエメラルドカットは好まれたという話しもあり、エメラルドカットのダイヤモンドは愛の象徴とも言われております。
    また、エメラルドカットはプリンセスカットとは違い四隅の破損リスクも少ないところも魅力です。

123Next »

- Powered by PHP工房 -